風水での鏡の役割

鏡と風水は密接な関係があるのですが、役割としては陰気・邪気を反射をして部屋に入れないといった為のものです。昔からか鏡は三種の神器の神器にも入るほどのものでありまして、神のご神体の一つとして、扱われるといったほどの貴重なものなのです。

風水の鏡には、悪い気を拡散させるといったパワーがありますが、これは同時に良い気も跳ね返してしまうといったことにもなるため、気の入り口でもあります玄関の正面に設置したりはしないで、左右に置くようにするのが良いとされていますね。では左右どちらが良いかといいますと、玄関では、左に飾ると金運アップ、右に飾ると地位・名誉が高まると言われているのです。ただ注意が必要なのは、両方をUPさせたいからといって左右に置くことは、鏡が向かい合わせになって風水上でよくなく、逆に運気が下がってしまいますので注意してください。また寝室ではベッドに向いていますと安眠が出来なくなるとされ疲れが取れないといったことだけでなく、夫婦仲にも良くはありませんので気をつけてください。寝姿が映らないように置きましょう。また鏡を使用しないときには、カバーをかけるなどといった工夫も必要とされますね。

鏡は寝室扉の正面にあった場合でも、陰気や邪気を反射してしまい寝室に入ってしまって寝ているときに陰気や邪気を吸い込んでしまって運気が下がってしまうといったことも考えられますのでそういったところも注意しましょう。八角形の鏡は風水では勝負に勝つパワーと持っていると言われていまして、世界を表す形で、パワーが集まるとされています。

黄色やゴールド、白色でのフレーム枠で八角形鏡がインテリアでもかわいいということで人気になっていたりもします。
他にも、風水での鏡は、北に鏡を置くことで財産をしっかりと守って、鏡を南におくと魅力がアップする効果があって、才能がアップして収入もアップするなどと言われています。風水でのかがみは、大事で重要な役割であるぶん、使い方、置き方によって効果や目的が違ったことになりますし、逆に運気を下げてしまいかねないこともありますので、正しい風水での鏡の置き方を知っておくと良いでしょう。

風水グッズの効果と紹介

風水の手法がどういったものかと言いますと、大地の気の流れをつかんで、物事の判断の役に立てて、運気の向上に役立てようとするものなのです。では風水グッズがどういったものがあるのかご紹介をしてみましょう。
金豚 招財貯金箱というものがあります、2007年度の干支が猪ですが、中国では豚を指すのです、金豚の縁起が良いというので、貯金箱といった色々なモチーフで使用もされている風水グッズでもあります。

また、貔貅(ヒキュウ)がありまして、どんな願い事でも叶えてくれると言われています神獣であります。これは室内に置いて、玄関に頭を向けると四方八方の財を家に招いてくれるといわれているのです。とくに効果を発揮するのが、株・投資・ギャンブル・水商売といった変動する財に対してのようです、家の入り口や窓に外側に向けて置いて見ましょう。もしそういったことに効果に興味があったり当てはまる方は試してみては?次に三脚蟾蜍(さんきゃくせんじょ)ですが、これは3本脚で、沢山の黄金・お金の上に座っているヒキガエルなのですが、これは財運を飛躍的に高めてくれて、特にビジネスを発展させるといった効果は絶大を言われていますね。店舗・事務所の入り口に置いて、朝はおはようと言って蛙を外に向け、夜はご苦労様と言って中に向けましょう。たぶん事務所などで一度はみたことがある置物かもしれませんね。

次に龍亀(ロングイ)ですが、これは体は亀で顔は龍で、風水で財運を高めるといった動物として有名であります。龍亀は出入り口には大きいものを置いて、机の上には小さいものをおくようです。また媽祖(まそ)と呼ばれる、福を招く、航海の守護女神もありますし、麒麟は太平のシンボルでありまして、あらゆる禍事を消して周りを安定させてくれるとされています、これは破産・家庭内不和といったことから、ビジネスや人間関係といった日常全ての問題を穏やかにさせて鎮めたい、安定させたいといった場合に活躍をしてくれますね。そして龍(ドラゴン)です。これは風水世界の最強のアイテムでありまして、龍は風水の四神の中で東の方位の守り神となります。また風水を行う上で重要な、方位の吉凶をする道具としての、風水羅盤や、風水にとって、気を整えるのに重要なアイテムでもあります水の関係の銅杯もあります。

こうやって様々な風水グッズを見てみますと、中には様々なシチュエーションで見かけたりしたことがあるアイテムもあったりします、そういった時にはどんなことを望んで風水グッズを置いているのだと今後は分かりますね。
ここに上げたもので上昇させたいなどと気になるものがあれば、試してみると良いのではないでしょうか?

風水による金運up法は

風水で金運UPを目指したいかたも多いでしょう。風水での金運を司るのが兌宮でありまして、西方向になりますね。自宅・会社でもきちんとこの方位は整理整頓をするようにして、掃除も怠らないようにして下さいね。もし、部屋の西に窓があるといったかたで夕日を見られる場合には、なるべくその夕日を味わってください。金運がそれだけで向いてきたりするようなのです。

風水での財布は、お金の家と言われていて表面がかすれてる、ボロボロの財布を使用しているといったことでは金運が上がらずに、せっかく入ってきたというお金も居心地が悪いのですぐ出て行ってしまうでしょう。ですのでお財布は定期的に新しく買い換えるようにしたほうがよいでしょう。

財布の色で金運を上げるのは何色かといいますと、風水では黄色・白・茶・ベージュ・黒がおすすめのようです。これは黄色から富裕感をイメージするといったことで金運への道が開けることになるようなのですね。また金運を上げる行動では、風水では、ひとつのことにコツコツと続けて努力をすることがよいらしく、どんなに小さなことであったとしても一つのことを続けていくことが、金運を高める第一歩となるようです。

次に二つ目としては、お金を使うことのようです。自分・周囲の人の幸せを考えながらに、生きたお金を使ってお金を循環させるといったことが金運アップへと繋がっていくのですね。これはさながら健康な状態の身体を血液が体内で自由に循環をしているかのように、お金の循環を今まで妨げていたものを取り除いて、お金が自由に流れてくるようにしましょう。最後に三つ目ですが、人と交際をすることのようです。なるべく会合などにも顔を出し、人脈を広げて、色々な人と関わっていくとそういったことがきっかけとなって金運が上昇するといったチャンスをつかむ可能性が広がるのですね。

風水で金運上昇を目指したいと思っているかたは、取り組んでみてみてはどうでしょうかね?

風水と家相の違い

風水を一般的な意味で考えますと、地理的な状況を指すことになる言葉になるのです。こんな言葉があるのですが、『気は風に乗れば散らばり 水に界(へだ)てられれば止まる。古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず これを行いて止めるあり ゆえにこれを風水という』聞いたことがあるかもしれませんね。風水の本質というのは、気を操るといったことになって、風を操り、気の流れを用いてそれによって運気を上げるのです。家相といいますのは、中国伝来で陰陽五行説(おんようごぎょうせつ)に基づいて、家の位置、方角、構造といったものから、その家に住んでいる人の吉凶を判断をするといった方法になるのです。家相は、風や日光の流れそして大地のエネルギーといった自然の恵みといったものを住まいに取り入れようとしている生活の知恵でもあるのですね。それと、家相では、〜してはいけない、〜は凶といったように、条件によっての禁止形ので指示が多く見られるといったことも特徴ではないでしょうか。
風水と家相の違いで大きいところは、風水では気の流れ、気の取り入れといった視点から家全体を捉えるのですが、家相では吉の条件、凶の条件とどれに当てはまるかを各部屋ごとに、分析、判断をしていくといったところになるのですね。風水は本来は、地勢や方位・地脈を重視して家を建てる場所、墓を造る場所を決定するものですが、家相では家そのもの、敷地を整えていくといった方法になります。家相により、間取り・方位を決めていくことで、自然に日当りが良くて、風通しが良いといった暮らしやすい住まいといったことになり、家族の安定や繁栄、成功や発展といった幸せに繋がっていくのですね。快適な生活を送っていくために、風水や家相を診断することは、先人の知恵といったことでしょうか。風水や家相で、すみ易い住まいにしたいですね。
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ