黒門風水について

黒門風水をご存知でしょうか?じれは東洋占術研究家の黒門氏(こくもんし)によって研究され広めた風水になるのですが、最近ではテレビや雑誌といたメディアでも人気の風水ですね。黒門風水の特徴がどんなところかといいますと、八字風水や八宅風水、奇門遁甲の三つの風水を独自の立場からたって使うところでしょうか。八字風水とは、四柱推命で、生まれた年月日時の干支をもとにして持って生まれた、長所や短所、運勢といったものを知って改善をしていくといった風水です。黒門風水で使う、八字風水では個人レベルから判断をしていって、開運を提供していきますので更に詳しい開運法を提示できることになるのです。八宅風水がどんなものかといいますと、住人の吉凶方位(本命封)、家の吉凶方位(宅封)といったことを探る風水となります。八宅風水で望ましいとされていますのは、宅卦と本命封での吉凶方位が一致することと言われていて、この状態は宅命相配(たくめいそうはい)と言われます。

奇門遁甲(きもんとんこう)がどういうことかと言いますと、開運のための方位術と一般的にはいわれて、積極的に運気を上げるといったことが出来る方位や時を見つけて、吉方位へ移動をしてそれによって海運に導くといった改善を行う風水であります。奇門遁甲では未来を好転させるために、積極的に動くといった側面があります。

風水によって、気の流れを読むといったことだけでなく、上手にその流れを利用して吉方位へ導いていく、窮地を打開して成功に導いていく開運法で黒門風水の人気の秘密でもあるのではないでしょうか。
黒門風水について整理してみると、八字風水によって個人の長所・短所を分析、判断をして、奇門遁甲によって吉方位を出して吉方位に移動をするといったことで開運に導く改善を行っていくのです。黒門風水を本格的に学びたい場合には、黒門氏が開いている講演会に参加してみてもよいでしょう。少し詳しく知りたいと思った場合は、黒門風水の本やサイトをみてみるといったことをしてみてもよいでしょう。

風水で財布を選ぶコツ

風水で財布を選ぶ際に気をつける点はどういったことでしょうか?風水で考えられていることで、物の色・形などにより気の流れが変わるとされますが、これは持っている物により、運気が変わってくるということです。ですから、自分で持っているお財布で形・色により金運も左右されていくと言う考えになりますね。ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、風水では、同じものを長くしようをすることはあまりよいとされておらず、財布に関しても2年過ぎていくと金運が下降をするといった傾向となります。また財布はお金の家と風水で言われていますので、表面などかすれている、ボロボロのものなどを使っていると金運は上がらないでしょう。
財布の色で金運をあげるものは、黄色・白・ベージュ・黒といったものが風水ではおすすめですね。中でも黄色に関しては、黄金色を思わせる金の気を持つ色として更にお勧めです。金の金具がついているような財布だったり、内側の布地が黄色になっているような財布だったりすると、金運の財布としては最高ですのでご自分の財布を一度見てみてくださいね。また、茶・ベージュは貯蓄運をあげ、黒の財布ですと現状の金運に満足をしているといった意味の色となります。更に財布のかたちをいいますと、お札がのびのびと出来るといった意味でも長財布を使うと金運アップですね。二つ折りになっていてお札が折れて曲がってしまうタイプは避けるとよいでしょう。中に関しては、レシート・カードを整理をしてお金を呼ぶとされる黄色、出費を抑えるとされるブルーのカードを入れておいたりするとよいですね。お札の入れ方はご存知のかたもいらっしゃるでしょうが、揃えて、下向きに入れることが常識とされています。最後に風水での考えは、古くなった場合の財布をすぐ捨てるといったことではなく、部屋の北東に置いたりすると、お金を呼び寄せるといった運気があがるとも言われています。
金運をアップさせる財布と使い方で、出費が減ってお金がたまっていくように風水で挑戦してみましょう。

風水での玄関とその役割は

風水での玄関の役割はどんなものがあるか知っておくと風水をやるうえでもよいですね。風水での玄関は、家での運気が入ってくる場所と考えて重要な役割をしていますので、きれいにして生花を飾ったりするとよいですね。旺気というのは、生気のあるものにたいして向かって流れ込みますので、玄関が汚れていたりきたなかったりすると運気が逃げていってしまいますので注意です。ですから玄関の掃除をきちんとすることは風水の基本でしょう。玄関の掃除をした後では運気を補うようにするために、盛り塩をするとよいですね。また鏡に関していえば、風水で開運・厄除けグッズとなりこちらも重量な役割をしていて、鏡は悪い気を跳ね返すといった意味がありますが、正面玄関といったところにおいてしまうと風水では外から入ってくるであろう良い気まで反射して返してしまうとされていますので、正面にはおかないようにしましょう。また玄関におくさいに、左に飾るのは金運アップで右に飾るのは地位や名誉が高まるとされていますが、向かい合わせにおくことは良くありませんのでやめるようにしましょう。
玄関に置物を置いたりしたいと思われると思いますが、光を反射して拡散をしてくれるといったことをしてくれる、クリスタル製のものを選ぶとよいですね。またきちんと玄関には表札をだすようにして下さいね、最近では表札を出さないような家庭もございますので気をつけましょう。それとスリッパは一年中同じものを使用するといったことではなく、風水ではスリッパの素材を季節ごとに変えるといったことも重要とされていますので、面倒くさいと思っても注意してください。幸運の気が入ってくる場所が玄関となりますので、靴は汚れを払ってきちんと下駄箱の中にいれて、古い靴などは運気をあげるように処分をしたりしましょうね。風水での循環は良いですので、においがこもり易い下駄箱などは、日頃からきれいにすることを心がけて下さいね。家の入り口というのは重要な役割を示す場所でもありますので以上のポイントは押さえておくとよいですね。

風水での色を知っておこう

風水では方位や方角も大事ですが、やはり色も大いに関係してくるところとなりますので、風水と色でどのような運気アップの意味があるのでしょうか。よくどこどこの方向に何々色のおのを置いたりすると運気がアップするといったことを風水で言ったりしますね。これは風水で色と方位は密接に結びつき、開運にたいして大きく影響を持つとされているからです。視覚をつかう色となるので、色じたいが持つ、パワーや効果に着目してます。風水で聞いたりしますのが、金運アップの為には西に黄色のものを置くといったようにどの方角にどういった色のアイテムを置いたりするのがよいのかを示します。風水と色での関係で、部屋におくインテリアといったものの方角・色を自分が上げたいと思う雲気の色に変えて、恋愛運・仕事運・金銭運などといったのもの運気を上げたりすることが出来、開運に繋がると考えられたりしています。少し具体的に風水的色での活用やイメージをあげてみます。赤色は、仕事運・健康運などでこれから勝負に出ようとするとき、黄色では金運上昇や社交上手になりたいといったときで、ピンク色では人間関係をはぐくんでいきたいや幸運であったり、恋愛や結婚願望といったものがあるときで、アクセサリーや服・下着などといったものにピンク色を使うとよいとされます。対人関係・人気をあげたいや人との交流を円滑にしたいといった場合にはオレンジ色、また茶色は落ち着きや家庭円満などといったものを得たい場合で、青色では、仕事・才能や集中力を培う、冷静な判断をしたいといったことで、紫色については、高貴な色・地位や名誉などといったステータスといったものを上げたい場合で、これは洋服やアクセサリーといった身に着ける物、インテリアやオフィスといったところにひとつは取り入れたりすると良いと言われていますね。黒色については、格をあげるといったこと、おくゆかしさ・秘密を守るやため込むというような意味があって現状維持や秘密に関することに使われるようです。最後に白色ですがこれは、これから何かを始めるといったときやリフレッシュをしたい場合、財運・人間関係改善・リラックスなどがあげられて、恋愛においてピンクと組み合わせることで特に運気アップに繋がるようです。
こうやってみると風水では一つの色で色々な運気アップの特色があり、また組み合わせもあったりで全ての風水の色との関係を覚えることは難しいでしょうが、自分で気になるものは覚えて取り入れてみてもよいですね。

風水で部屋を決める場合

風水で部屋を決めたり、間取りを決めたりしたいと考えているかたも多いのではないでしょうか。風水に関することをまとめてみます。部屋探しを風水をみてからするときには、住居の立地条件といったことも深く関係はしたりしますが、方位や色といったこともかかわってきますね。風水ではご存知かもしれませんが、道路がある方向、玄関の方向といったことが重要になります。部屋の重心を知ること(対極)でどちらの方位にすることがよいのかわかったりします。もし建物の方角が悪い、玄関の向きが悪いといった場合には、カーテンの色を変えるようにしたり、よい方角に観葉植物を置くといったことをすることでも、いい運気を呼び込んだりすることも可能です。また元いた人たちの運気が付いてしまっているような部屋であったりする場合であっても、風水で方位を確認してカーテンの色などを替えるといったことをして改善が出来たりもします。
風水での間取りはとっても重要な要因と考えてよいでしょう、部屋での居心地は間取りで大きく影響をされたりしますからね。風水での考えで、自然にある気の流れ、物との関係を考えたりしますが、家の中で、間取り、家具といったものの配置によっても気の流れが変わりますので、間取りを図にしたりして気の流れと、インテリアなどの配置を考えたりします。風水で、気の流れを家の間取りから読み取ろうとしても、やはり簡単ではありませんので、自分では無りな場合には、風水師の方に相談をしたりして診断をするといったことも検討に入れてみましょう。
また風水では、色が方角によって決まっていたりしますが、その方角は8つでの方位に分けられ、それぞれ方角にあう色があって、その色をその方角に利用すると風水の運気アップに繋がるといった効果があるのです。健康運があがるとされる方位には健康運アップでの色がありますし、お金が入るとされている方位には、その色があるのです。またそれだけではなく、部屋で使っている、カーテンの色、ベッドカバーの色などを変えることだけで運気が物凄く変化するといったこともあるようです。風水での部屋や間取りを見てから決めたいと思ったときに、はじめから一人で全て決めていくのは難しい時には、専門のかたに相談してみることも視野にいれるようにするとよいですね。

風水とインテリアの関係を知っておこう

風水によってインテリアや色・部屋の間取りを選ぶ人も多いのではないでしょうか。ご自分の生活する空間でインテリアに風水を取り入れることによって、快適で運気アップを目指した居住空間を演出することも出来ますね。玄関はインテリア風水をするうえで、一番大切となる場所となるのではないでしょうか。これは玄関かた運気が家の中に入ってくるからですので、玄関はいつでも整理整頓を心がけてキレイにするようにしましょう。インテリア風水は陽宅とも呼ばれますが、家の中での空間を良い状態に導いたり、その家に住んでいる人の運気を上昇させることを目的としています。
風水インテリアでの金運アップでは、金運をつかさどる西方位に対して風水グッズを設置するとよいでしょう。風水グッズでは、黄色系・白色・金色等をまとったものである生花や、絵画やポスター、パワーストーン(クォーツ、クリスタル、ルチル、シトリンなど)がありますね。もし花を飾りたいと思った場合には、ドライフラワーにするのではなく、生花にしたほうがよいとされます。
鏡は風水での意味で、悪い気を跳ね返すといったことがあります、風水からみたインテリアでの鏡は開運、厄除けといったことでも重要なものとなりますので、部屋の入り口をあけたときに鏡が正面に映ってしまうような状態になるのは避けるようにしましょう。また風水では色がパワーをもっていて、色が持っている効果を風水にミックスさせることによって開運を目指しています。赤色があらわすのは、仕事運、勝負運で黄色は金運、社交運です。また恋愛運や結婚運はピンク色で、対人運、人気運はオレンジ色、家庭運、安定運は茶色とされています。この様々な色の意味合いと方位などといったものを関連付けて運気アップを目指すことになりますね。風水は勉強しだすと、面白いですのでインテリアに取り入れて運気アップをはかられてもよいですね。

風水の診断前に

風水の勉強をしたいと思って色々診断や方位を調べたことがあるというかたも多いのではないでしょうか?ここでは風水のおさらいをしてみましょう。地理的な状況を指したりする言葉を一般的に風水との意味のようです。一番初めに風水の言葉がみられたのが、葬書と呼ばれる4世紀ごろの晋代の郭璞(かくはく)が書いたものとのことですね。勉強をしようと思ったかたは聞いたことがあるかも知れませんが、気は風に乗れば散らばり・・・省略・・・これを風水というのように使われていたようです。
風を操って、気の流れを用いて運気をあげることが風水の本質でしょう。これは元々では皇帝が勉強するものといわれて、国を興す為の土地を探したりするのに使われたりしたとのことで、徐々に一般的なひとに広まっていったようです。自然界をうるおすものである風・水ですが、自然現象の災害ではとても怖い存在でもありますね。風水によって、自分によい気(吉方)を取り入れ、運気をあげる目的でもありますが、自然で暮らしていく知恵ともいえるでしょう。自分にとっての吉方位や凶方位は、風水にて考える8つの方位からあらわれます。年月がたつことでも、その人によっても吉凶は変わり悪い方角にいけば悪いこと、良い方角(方位)にいけばよいことがおこると言われてますね。
日本では、風水ブームがありdr.コパさんの名前を聞いたことがあるかもしれませんね?占い的な風水がはやって、ラッキーカラーや、結婚運や恋愛運・金運UPや仕事運や人間関係を占うことをしたり、家相もみたりすます。よく言われる、風水インテリアとの言葉での方角は、方位学に基づいているようですね。風水を勉強して旅行の方角などや引っ越し先を決めたことがあるかたもいらっしゃるのでは?
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ