風水での鏡の役割

鏡と風水は密接な関係があるのですが、役割としては陰気・邪気を反射をして部屋に入れないといった為のものです。昔からか鏡は三種の神器の神器にも入るほどのものでありまして、神のご神体の一つとして、扱われるといったほどの貴重なものなのです。

風水の鏡には、悪い気を拡散させるといったパワーがありますが、これは同時に良い気も跳ね返してしまうといったことにもなるため、気の入り口でもあります玄関の正面に設置したりはしないで、左右に置くようにするのが良いとされていますね。では左右どちらが良いかといいますと、玄関では、左に飾ると金運アップ、右に飾ると地位・名誉が高まると言われているのです。ただ注意が必要なのは、両方をUPさせたいからといって左右に置くことは、鏡が向かい合わせになって風水上でよくなく、逆に運気が下がってしまいますので注意してください。また寝室ではベッドに向いていますと安眠が出来なくなるとされ疲れが取れないといったことだけでなく、夫婦仲にも良くはありませんので気をつけてください。寝姿が映らないように置きましょう。また鏡を使用しないときには、カバーをかけるなどといった工夫も必要とされますね。

鏡は寝室扉の正面にあった場合でも、陰気や邪気を反射してしまい寝室に入ってしまって寝ているときに陰気や邪気を吸い込んでしまって運気が下がってしまうといったことも考えられますのでそういったところも注意しましょう。八角形の鏡は風水では勝負に勝つパワーと持っていると言われていまして、世界を表す形で、パワーが集まるとされています。

黄色やゴールド、白色でのフレーム枠で八角形鏡がインテリアでもかわいいということで人気になっていたりもします。
他にも、風水での鏡は、北に鏡を置くことで財産をしっかりと守って、鏡を南におくと魅力がアップする効果があって、才能がアップして収入もアップするなどと言われています。風水でのかがみは、大事で重要な役割であるぶん、使い方、置き方によって効果や目的が違ったことになりますし、逆に運気を下げてしまいかねないこともありますので、正しい風水での鏡の置き方を知っておくと良いでしょう。
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ 風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ