風水と家相の違い

風水を一般的な意味で考えますと、地理的な状況を指すことになる言葉になるのです。こんな言葉があるのですが、『気は風に乗れば散らばり 水に界(へだ)てられれば止まる。古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず これを行いて止めるあり ゆえにこれを風水という』聞いたことがあるかもしれませんね。風水の本質というのは、気を操るといったことになって、風を操り、気の流れを用いてそれによって運気を上げるのです。家相といいますのは、中国伝来で陰陽五行説(おんようごぎょうせつ)に基づいて、家の位置、方角、構造といったものから、その家に住んでいる人の吉凶を判断をするといった方法になるのです。家相は、風や日光の流れそして大地のエネルギーといった自然の恵みといったものを住まいに取り入れようとしている生活の知恵でもあるのですね。それと、家相では、〜してはいけない、〜は凶といったように、条件によっての禁止形ので指示が多く見られるといったことも特徴ではないでしょうか。
風水と家相の違いで大きいところは、風水では気の流れ、気の取り入れといった視点から家全体を捉えるのですが、家相では吉の条件、凶の条件とどれに当てはまるかを各部屋ごとに、分析、判断をしていくといったところになるのですね。風水は本来は、地勢や方位・地脈を重視して家を建てる場所、墓を造る場所を決定するものですが、家相では家そのもの、敷地を整えていくといった方法になります。家相により、間取り・方位を決めていくことで、自然に日当りが良くて、風通しが良いといった暮らしやすい住まいといったことになり、家族の安定や繁栄、成功や発展といった幸せに繋がっていくのですね。快適な生活を送っていくために、風水や家相を診断することは、先人の知恵といったことでしょうか。風水や家相で、すみ易い住まいにしたいですね。
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ 風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ