風水での玄関とその役割は

風水での玄関の役割はどんなものがあるか知っておくと風水をやるうえでもよいですね。風水での玄関は、家での運気が入ってくる場所と考えて重要な役割をしていますので、きれいにして生花を飾ったりするとよいですね。旺気というのは、生気のあるものにたいして向かって流れ込みますので、玄関が汚れていたりきたなかったりすると運気が逃げていってしまいますので注意です。ですから玄関の掃除をきちんとすることは風水の基本でしょう。玄関の掃除をした後では運気を補うようにするために、盛り塩をするとよいですね。また鏡に関していえば、風水で開運・厄除けグッズとなりこちらも重量な役割をしていて、鏡は悪い気を跳ね返すといった意味がありますが、正面玄関といったところにおいてしまうと風水では外から入ってくるであろう良い気まで反射して返してしまうとされていますので、正面にはおかないようにしましょう。また玄関におくさいに、左に飾るのは金運アップで右に飾るのは地位や名誉が高まるとされていますが、向かい合わせにおくことは良くありませんのでやめるようにしましょう。
玄関に置物を置いたりしたいと思われると思いますが、光を反射して拡散をしてくれるといったことをしてくれる、クリスタル製のものを選ぶとよいですね。またきちんと玄関には表札をだすようにして下さいね、最近では表札を出さないような家庭もございますので気をつけましょう。それとスリッパは一年中同じものを使用するといったことではなく、風水ではスリッパの素材を季節ごとに変えるといったことも重要とされていますので、面倒くさいと思っても注意してください。幸運の気が入ってくる場所が玄関となりますので、靴は汚れを払ってきちんと下駄箱の中にいれて、古い靴などは運気をあげるように処分をしたりしましょうね。風水での循環は良いですので、においがこもり易い下駄箱などは、日頃からきれいにすることを心がけて下さいね。家の入り口というのは重要な役割を示す場所でもありますので以上のポイントは押さえておくとよいですね。
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ 風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ