風水での色を知っておこう

風水では方位や方角も大事ですが、やはり色も大いに関係してくるところとなりますので、風水と色でどのような運気アップの意味があるのでしょうか。よくどこどこの方向に何々色のおのを置いたりすると運気がアップするといったことを風水で言ったりしますね。これは風水で色と方位は密接に結びつき、開運にたいして大きく影響を持つとされているからです。視覚をつかう色となるので、色じたいが持つ、パワーや効果に着目してます。風水で聞いたりしますのが、金運アップの為には西に黄色のものを置くといったようにどの方角にどういった色のアイテムを置いたりするのがよいのかを示します。風水と色での関係で、部屋におくインテリアといったものの方角・色を自分が上げたいと思う雲気の色に変えて、恋愛運・仕事運・金銭運などといったのもの運気を上げたりすることが出来、開運に繋がると考えられたりしています。少し具体的に風水的色での活用やイメージをあげてみます。赤色は、仕事運・健康運などでこれから勝負に出ようとするとき、黄色では金運上昇や社交上手になりたいといったときで、ピンク色では人間関係をはぐくんでいきたいや幸運であったり、恋愛や結婚願望といったものがあるときで、アクセサリーや服・下着などといったものにピンク色を使うとよいとされます。対人関係・人気をあげたいや人との交流を円滑にしたいといった場合にはオレンジ色、また茶色は落ち着きや家庭円満などといったものを得たい場合で、青色では、仕事・才能や集中力を培う、冷静な判断をしたいといったことで、紫色については、高貴な色・地位や名誉などといったステータスといったものを上げたい場合で、これは洋服やアクセサリーといった身に着ける物、インテリアやオフィスといったところにひとつは取り入れたりすると良いと言われていますね。黒色については、格をあげるといったこと、おくゆかしさ・秘密を守るやため込むというような意味があって現状維持や秘密に関することに使われるようです。最後に白色ですがこれは、これから何かを始めるといったときやリフレッシュをしたい場合、財運・人間関係改善・リラックスなどがあげられて、恋愛においてピンクと組み合わせることで特に運気アップに繋がるようです。
こうやってみると風水では一つの色で色々な運気アップの特色があり、また組み合わせもあったりで全ての風水の色との関係を覚えることは難しいでしょうが、自分で気になるものは覚えて取り入れてみてもよいですね。
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ 風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ