風水で部屋を決める場合

風水で部屋を決めたり、間取りを決めたりしたいと考えているかたも多いのではないでしょうか。風水に関することをまとめてみます。部屋探しを風水をみてからするときには、住居の立地条件といったことも深く関係はしたりしますが、方位や色といったこともかかわってきますね。風水ではご存知かもしれませんが、道路がある方向、玄関の方向といったことが重要になります。部屋の重心を知ること(対極)でどちらの方位にすることがよいのかわかったりします。もし建物の方角が悪い、玄関の向きが悪いといった場合には、カーテンの色を変えるようにしたり、よい方角に観葉植物を置くといったことをすることでも、いい運気を呼び込んだりすることも可能です。また元いた人たちの運気が付いてしまっているような部屋であったりする場合であっても、風水で方位を確認してカーテンの色などを替えるといったことをして改善が出来たりもします。
風水での間取りはとっても重要な要因と考えてよいでしょう、部屋での居心地は間取りで大きく影響をされたりしますからね。風水での考えで、自然にある気の流れ、物との関係を考えたりしますが、家の中で、間取り、家具といったものの配置によっても気の流れが変わりますので、間取りを図にしたりして気の流れと、インテリアなどの配置を考えたりします。風水で、気の流れを家の間取りから読み取ろうとしても、やはり簡単ではありませんので、自分では無りな場合には、風水師の方に相談をしたりして診断をするといったことも検討に入れてみましょう。
また風水では、色が方角によって決まっていたりしますが、その方角は8つでの方位に分けられ、それぞれ方角にあう色があって、その色をその方角に利用すると風水の運気アップに繋がるといった効果があるのです。健康運があがるとされる方位には健康運アップでの色がありますし、お金が入るとされている方位には、その色があるのです。またそれだけではなく、部屋で使っている、カーテンの色、ベッドカバーの色などを変えることだけで運気が物凄く変化するといったこともあるようです。風水での部屋や間取りを見てから決めたいと思ったときに、はじめから一人で全て決めていくのは難しい時には、専門のかたに相談してみることも視野にいれるようにするとよいですね。
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ 風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ