風水の診断前に

風水の勉強をしたいと思って色々診断や方位を調べたことがあるというかたも多いのではないでしょうか?ここでは風水のおさらいをしてみましょう。地理的な状況を指したりする言葉を一般的に風水との意味のようです。一番初めに風水の言葉がみられたのが、葬書と呼ばれる4世紀ごろの晋代の郭璞(かくはく)が書いたものとのことですね。勉強をしようと思ったかたは聞いたことがあるかも知れませんが、気は風に乗れば散らばり・・・省略・・・これを風水というのように使われていたようです。
風を操って、気の流れを用いて運気をあげることが風水の本質でしょう。これは元々では皇帝が勉強するものといわれて、国を興す為の土地を探したりするのに使われたりしたとのことで、徐々に一般的なひとに広まっていったようです。自然界をうるおすものである風・水ですが、自然現象の災害ではとても怖い存在でもありますね。風水によって、自分によい気(吉方)を取り入れ、運気をあげる目的でもありますが、自然で暮らしていく知恵ともいえるでしょう。自分にとっての吉方位や凶方位は、風水にて考える8つの方位からあらわれます。年月がたつことでも、その人によっても吉凶は変わり悪い方角にいけば悪いこと、良い方角(方位)にいけばよいことがおこると言われてますね。
日本では、風水ブームがありdr.コパさんの名前を聞いたことがあるかもしれませんね?占い的な風水がはやって、ラッキーカラーや、結婚運や恋愛運・金運UPや仕事運や人間関係を占うことをしたり、家相もみたりすます。よく言われる、風水インテリアとの言葉での方角は、方位学に基づいているようですね。風水を勉強して旅行の方角などや引っ越し先を決めたことがあるかたもいらっしゃるのでは?
風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ 風水の家相や鬼門・占いを学ぼうHOMEへ